季節便り
【おすすめ季節便り】

【季節便り バックナンバー】
卒園記念

毎年この時季恒例の、お隣『ありあけの森認定こども園』

年長さんによる卒園前の穂高荘見学会がありました。


今年は、46名の年長さん全員が見学に来られました。


園児が丁寧に折った可愛らしい折り紙のお花をいただき、

荘内に飾らせていただきました。


どうもありがとうございます!

このイベントの最大の楽しみ、エレベーターに乗って6階まで行き、そこから皆さんが数年間を過ごしたこども園を上から見ることだと

思います。

なんと今年は園庭からのメッセージが!

「おーい みえる?」

ばっちり見えてますよ~!!

みなさん、ご卒園おめでとうございます!!

穂高文庫

穂高荘1階のラウンジには、江戸川区立中央図書館のご協力で「穂高文庫」が昨年12月よりスタートしております。

こちらの一角は、人気の書籍から子供さんでも読みやすい本、安曇野にまつわる本などをご自由にお読みいただくことができます。

開設以来、お子様が床に座りながら本に見入っている姿を度々拝見し、微笑ましいと共にうれしい限りです!

これからも毎月少しずつ増えて行く予定です。穂高荘ご宿泊の際には、ぜひ穂高文庫にも目を留めてみてくださいね。
冬の白鳥湖~ただいま白鳥飛来中!~

犀川(さいがわ)白鳥湖と御宝田(ごほうでん)遊水池は、信州最大の白鳥の越冬地になっています。白鳥以外にも多くの渡り鳥が飛来します。

2月13日現在の「安曇野に飛来・越冬をしている白鳥の数」は377羽。そのうち、この写真の犀川白鳥湖には237羽の数が確認されているようです。

白鳥の白さが水面に映えて、とても美しいです。

お車でお越しの方は安曇野インターからも近いので、この季節の「安曇野の風物詩」の一つを見にぜひお立ち寄りになってみてはいかがでしょうか。

安曇野インターから車で5分、穂高荘からは約20分の距離になります。
圓藏亭落語会in穂高荘 パートⅡ

パートⅡの写真は、高座から観客の皆さんを笑いの渦にまいた、紺昇亭一華さんの「猫と金魚」です!

今回大好評だった落語会ですが、どんな演目をやったの?などの質問のお声をいただいております。

ネタ帳、桜の輔さん直筆の勘亭(かんてい)流でお書きになられたものなのですが、素敵なので写真でご披露いたします!
圓藏亭落語会in穂高荘 パートⅠ

こんにちは。

令和2年2月1日(土) 「圓藏亭落語会in穂高荘」が開催されました。

当日は、江戸川区より「穂高号」及びマイカーでお越しのお客様、

安曇野市近隣のお客様も併せたくさんの方にお集まりいただき、

盛大に催すことが出来ました。


紺昇亭 一華

墨亭 右柳

三崎家 桜の輔 


3名の演者により、5つの演目が演じられ、会場は笑いの渦に包まれました。

「笑う門には福来る」また、笑いは健康増進にも役立つとか。良いことづくめですね。

お越し頂きましたお客様、演者の皆様、設営にご尽力いただきました皆様に心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。




雪、積もりました

おはようございます。

やっと、積もるほどの雪が降りました。

今日は関東圏も雪で大変なようですが、穂高荘は早朝からスタッフ数名で雪かきをしました。

現在20cm以上一晩で降りましたが、午後には止むようです。


皆さん、足元お気をつけくださいね。


圓藏亭落語会in穂高荘

間もなく「圓藏亭落語会in穂高荘」が開催されます!


こちらのイベントを満喫できる「穂高号特別号」、

まだお席に若干の空きがございます。


お申し込みはお早目に!


そして穂高号以外の交通手段でお泊りの方も、

ご鑑賞いただくことができます。

(事前のお申込みが必要です)

ぜひ、生の落語をお楽しみください!

穂高の冬

こんにちは。

東京はまだ氷が張っていないようですが、安曇野も今年は暖冬?です。

まだこの冬一度も雪かきをしていません。

今週は雪マークが数回出ているので、少し降るかもしれませんが、積もるほどで無さそうです。

写真は一年前の雪降った時の写真です。

間もなくこの景色を見ることができるかな??

散策路マップ

穂高荘の敷地の散策路マップがこの秋完成し、フロントカウンターからご自由にお持ちいただいております。

このマップを見ながら、「もぐら塚を見つけたょ!」なんてお子様や、「ぐるっと2周歩いたから1キロ以上歩いたことになるね!」

「グラウンドまでは初めて行ったわ、広いわね~」、などのお声をいただいております!

散策路マップが無くても満喫いただけますが、この辺りのにはこんな木がある、あそこまで行くと景色が良く見える、などの探索にもなりますので、一度はぜひマップを携えて散策をしてみてください。

国営アルプスあづみの公園【2019光の森のページェント】

穂高荘から車で15分ほどの国営アルプスあづみの公園では、1/5まで、日本最長500m!光のトンネル【2019光の森のページェント】開催中です。

また、イルミネーション期間中、毎週末の土曜日は打ち上げ花火が上がります!

穂高荘にお車でお越しのお客様は、ご夕食が18:00からですので、ご夕食後にお出かけになれば、花火をご覧になられた後シンデレラストーリーのイルミネーションを堪能できます。

イルミネーションを堪能できます。

光と花火のショーをぜひご体験ください!

◇開催日/毎週土曜日

201912月21日、28日、202014

◇時間/20:00~(5分程度)

◇場所/公園内の池

※小雨決行、荒天中止

http://www.azumino-koen.jp/horigane_hotaka/new/topics.php…
巣箱設置イベント2日目 アルプスあずみの公園

穂高荘チェックアウト後、会場を「国営アルプスあづみの公園」に移し、安曇野について多方面から学んでいただきました!

昭和初期の一般的な住居でかまどのご飯を炊いたり、熱気球で遊覧飛行しているような感覚で「安曇野上空の四季」の映像を観たり、紙芝居の上演したり!!

そして目を輝かせている子供たちを見守る親御さんがたの温かい眼差し。

巣箱にアカゲラが休憩しに来てくれることを期待しつつ、巣箱を作ってくれた皆さん、そして設置をしてくれた皆さんやイベントを支えてくださった関係者の方々に、この場をお借りして御礼申し上げたいと思います。

皆さんのお陰で無事に巣箱設置ができ、これからの穂高荘のアカマツ林が永続的に育ていく道筋作りに協力していただいたこと、とても感謝しております。自然サイクルを活かしたこのプロジェクト、今後も継続して育んでいきます。

そして、ときどきこの林を観にいらしてください。その時には、アカゲラの声が聞こえてくるかもしれません。

この度は誠にありがとうございました!!  

~穂高荘~

巣箱設置イベント2日目 朝の散策路探索


今日の先生は、安曇野市豊科郷土博物館より樹木や鳥類に詳しい松田先生による、朝の散策路探索!!


先生が用意してくださった資料を手に、落ち葉をルーペで見たり、葉っぱの匂いを嗅いでみたり。


柏(かしわ)の見分け方?初めて知りました! 


楽しい説明にあっという間に時間がたってしまいました!


~いざ巣箱の設置体験!~


まず選んだ木に同じ長さのはしごをかけます。


そこに安全ベルトとヘルメットを装着したお子さんが慎重にはしごを登っていきます。


その横にベテランの方が付き、時には更に別のはしごにスタッフが巣箱をしたから支えたりしながら、ひもを木に縛り付けていきます。


そして、最後に本イベントの先生、あづみ野市耕地林務課の佐藤さんが、落ちたりしないかをしっかりと確認して、巣箱設置完了!
11月30日、巣箱設置ツアーが開催されました!

晴天の下、子ども未来館で作った巣箱を穂高荘の散策路(アカマツ林)に設置をしました。


竹馬みたいな特殊なはしごに登り、約4メートルの高さにひもでくくりつける作業。


今回はアカマツ以外にも「しらかば」や「栗の木」など計6箱、高さの怖さを克服してみんな立派に設置しました!!


実はあとひと箱あるのですが、こちらはしばらくお借りし穂高荘で展示していますので、皆さんもご宿泊の折に、ぜひ間近でご覧になり、その後散策路を歩きながら巣箱を探してみてくださいね!
紅葉の穂高荘

穂高荘の木々が色づいています。


つつじや銀杏にもみじ。


1階のお風呂からもこの景色をご堪能いただけます。


これから来る寒い冬に向けて日々表情を変えていく木々。


それに合わせて香りや空気もすべてが変わっていく。


自然ってすごいですね。
奉納の舞

2019年第7回信州安曇野 新そばと食の感謝祭&農林業まつり】の開会を飾った、

巫女さんによる奉納の舞。


厳かで幻想的で素敵でした!



【2019年第7回信州安曇野 新そばと食の感謝祭&農林業まつり】

今年も秋の新そばの季節がやってまいりました!


穂高荘周辺のお蕎麦屋さんでも美味しいおそばが召し上がれます!


そして2019年11月9日(土)・10日(日)の2日間、毎年恒例になりました【2019年第7回信州安曇野 新そばと食の感謝祭&農林業まつり】が開催され、穂高荘も出店いたします!



詳しくは ↓ をクリックしてチェック!


2019年第7回信州安曇野新そばと食の感謝祭&農林業まつり】

http://soba.azumino.biz/soba-food-festival2019/pdf/2019_10azuminosoba_web.pdf
篠崎の子ども未来館で、アカゲラの巣箱を作りました! その2

そして今日は巣箱作り!


子ども未来館の先生やボランティアさんからアドバイスを

いただきながら、一枚の板からのこぎりで切り出し、とんかちで釘を打ち、ネームプレートを貼って最後にホタカ君の焼き印を押して完成!!


みんな上手にできました! どうもありがとうございます!!


11月30日、実際に穂高荘散策路のアカマツの木に、

この巣箱を設置します。


巣箱を作ったみんな、設置しにきてね!




篠崎の子ども未来館で、アカゲラの巣箱を作りました! その1

子ども未来館・穂高荘コラボ企画


10月26日(土)に子ども未来館で「アカゲラの巣箱を作ろう!」という講座を開催しました。


江戸川区のお子さんに安曇野市の木材を使いキツツキ科の「アカゲラ」の巣箱を作っていただいき、穂高荘のアカマツ林に設置をする企画です。


巣箱をアカマツ林に設置することにより、穂高荘の林に益鳥であるアカゲラを呼びマツクイムシを食べてもらう。 


そうすることにより、松を守り、林が育つのです。


その2に続く。




光城山(ひかるじょうやま)

写真は、安曇野インターからほど近い、「光城山(ひかるじょうやま)」からの写真です。


安曇野は松本盆地の一部なのですが、この光城山は安曇野の町をはさんで北アルプスの反対側に位置するため、安曇野とその向こうに北アルプスを望める抜群のロケーションです。


光城山の登山道には、麓から山頂まで約1,500本の吉野桜が

大正時代から植えられています。


安曇野を眺めつつ、春は桜の花、秋は紅葉が楽しめる山です。


穂高荘にお泊りになり、こちらの山を度々登られている方もいらっしゃいます。


11月上~中旬ごろが見ごろになります。