穂高号おすすめコース
【おすすめコース】

高橋節郎記念美術館



安曇野出身で文化勲章受章者の漆芸家・


高橋節郎記念美術館を訪れます。


黒と金を基調にした芸術性豊かで絵画のような


漆作品の数々が展示されています。

山下清放浪美術館



山下清放浪美術館は放浪中お世話になった


方々へのお礼に残した作品を主体とし点描画・


スケッチ作品などを集めた日本で初めての常設美術館です。


夏になると涼しい信州に幾度も訪れては


大好きな諏訪湖の花火を見物していきました。


山下清ゆかりの作品を地元に残したいと


平成2年に放浪美術館が誕生しました。

安曇野わさび田湧水群


北アルプスからの湧き水を利用した


安曇野わさび田湧水群の一角にある


日本最大規模の大王わさび農場と


安曇野の小高い丘にあるガラスアートの


複合施設「アートヒルズ」を訪れます。



花と緑の信州フェア


「北アルプスの麓から広がる花と緑に


包まれたしあわせ暮らし」をテーマにした


花と緑の信州フェア。サブ会場の


アルプスあづみの公園では春の風物詩


チューリップ花壇を拡大したりアルプスを


想起させる木々の枝や草花等を使った


アート作品の展示がおこなわれます。

5月14日(火)〜5月16日(木) 2泊3日の旅


河童橋から明神池の森へ梓川沿いを歩き


日本アルプスの総鎮守「穂高神社奥宮」


までの往復が可能です。(片道約1時間)


河童橋や大正池周辺とは違ったより深い


自然の中を歩けます。河童橋周辺の


あこがれのレストランで食事を楽しんだり、


水も空気もきれいな大自然を思う存分満喫して下さい。




5月18日(土)〜5月19日(日) 1泊2日の旅


真田幸村で有名な真田氏の居城であった


上田城内に鎮座する真田神社と


名将武田信玄の躑躅ケ崎館跡の武田神社。


今回は戦国大名ゆかりの御朱印巡りです。


神社に隣接する今年4月開館の


武田氏居館跡歴史資料館も見どころです。

5月28日(火)〜5月30日(木) 2泊3日の旅


トロッコ電車が走るのは日本有数の険しさを誇る


北アルプスに深く刻まれた黒部峡谷。


たくさんのトンネルや鉄橋を駆け抜け


鐘釣まで約15キロを1時間かけて行く秘境の旅です。

5月30日(木)〜6月1日(土) 2泊3日の旅


日本で最も高い所を走る雲上の山岳道路。


平湯峠から乗鞍岳まで全長14,4kmをつないでいます。


春には四ツ岳の雪壁の中を、


夏にはお花畑を横目に見ながら、


秋は紅葉の中を爽快に走り抜ける


まさに天空へと続くスカイラインです。




大雪渓酒造



安曇野の小高い丘にあるガラスアートの複合施設


「アートヒルズ」と池田町の大雪渓酒造を訪れます。


大雪渓酒造では蔵元直営店にて各種商品なども


お買い求めいただけます。

花と緑の信州フェア



「北アルプスの麓から広がる花と緑に


包まれたしあわせ暮らし」をテーマにした


花と緑の信州フェア。春から初夏へとみどりの装いが


大きくかわる信州の2つの季節を、木々の芽吹きとともに7


00品種55万株の花緑で満喫できるメイン会場の


信州スカイパークを訪れます。(NO7まで)

6月3日(月)〜6月5日(水) 2泊3日の旅


信州中野の一本木公園は、8503000株の世界中の


バラが植えられていて、別名「ばら公園」と呼ばれています。


バラ祭りには県内外から多くの人が訪れバラの鑑賞や


購入でにぎわいます。栗と北斎で有名な小布施では


のんびり散策やお買い物でお楽しみいただけます。


6月10日(月)〜6月12日(水) 2泊3日の旅


長野県辰野町にある松尾峡は東日本では


一番ゲンジボタルが見られる「ほたるの里」


として明治時代から有名です。


松尾峡ほたる童謡公園ではホタルが飛び交い、


美しく幻想的な風景を楽しむことができます。


多い年で一日に1万匹以上の圧倒的な


ゲンジボタルの乱舞に、まるで宇宙の真っ只中に


いるような感動に包まれます。


(*雨天の場合はホタルの乱舞が見られないことがあります。)




6月24日(月)〜6月26日(水) 2泊3日の旅


霊峰御嶽山は、山岳信仰を代表する霊山であり、


富士山・白山とともに日本三大霊山とも呼ばれています。


また北アルプス延長線上の最南端に位置した独立峰で


「日本のキリマンジャロ」などとも呼ばれ親しまれています。


ハイマツの美しい山としても知られ、


独立峰であるため展望に優れていて、


360度の大パノラマを楽しむことができます。    


6月26日(水)〜6月28日(金) 2泊3日の旅


毎年6月下旬から黒部ダムでは観光放水が行われます。


毎秒10トン以上の水が水煙をあげ


放水される様は圧巻です。谷底からの風で水しぶきが


舞い上がり、午前中は日の光を浴びて


きれいな虹がかかるのを見ることができます。


崖にせり出すように立つ大観峰駅。


後立山連峰や黒部湖などの一大パノラマの


美しさは立山黒部アルペンルート随一です。


「北アルプスの山小屋」


山岳博物館の1階には実際にあった


「北アルプスの山小屋」が再現されており


3階の展望室からは北アルプス連峰を望めます。


また、付属動植物園ではライチョウが


飼育公開されています。


安曇野ちひろ美術館には絵本の部屋や


子供の部屋の他、オープンテラスのあるカフェ


、ミュージアムショップなどがあります。

総鎮守穂高神社



日本アルプスの総鎮守穂高神社、


安曇野のお土産やファーストフード店などが並ぶ


スイス村に立ち寄ります。また、全国に点在する


諏訪神社の総本社、諏訪大社上社本宮を参拝し


「峠の釜めし」で有名な「おぎのや」で


昼食時間となります。

6月2日(火)〜6月4日(木) 2泊3日の旅


変化にとんだ山や湿原の風景を楽しめる


栂池自然園は、標高1900mに広がる高層湿原です。


バリアフリーの木道が設けられ、


気軽にトレッキングができます。


自然園へはパノラマウエイのゴンドラと


ロープウエイを乗り継いで行きます。




6月14日(日)〜6月16日(火) 2泊3日の旅


7月に行われる諏訪湖花火初日を飾る


約40分、3千発の湖上花火を


湖畔のホテル特別座席から鑑賞!


湖上を彩る3千発の花火は鮮やかに


目に焼き付けられることでしょう。


泊まりは豪華でモダンな「紅やホテル」


ツインルーム、夕食は会席料理、


朝食はバイキングでお楽しみいただきます。




6月18日(木)〜6月20日(土) 2泊3日の旅


池の平湿原は浅間山の噴火によりできた高層湿原です


何と1000種類以上もの高山植物の宝庫で


季節により様々な可憐な花々をみながらの


散策を楽しむことができます。


アップダウンが少ないので、子供から


お年寄りまで軽装で気軽に歩ける散策コースです。


6月22日(月)〜6月26日(金) 4泊5日の旅


今年の夏は暑い都心を脱出して水と空気と景色の


きれいな安曇野で避暑を楽しんでみませんか?


北アルプスの涼風薫る豊かな自然の中で


至福の5日間を過ごすプランです。


穂高荘の温泉はアルカリ性単純泉で


肌にやさしい美肌の湯です。朝の散策や


森の小さな美術館の見学などゆったり自由に


あなただけの時間をお楽しみ下さい。